グリーン・ツイード、新チーフ・コマーシャル・オフィサーにショーン・マクロスキーを指名

ペンシルベニア州ランドスデール-2024年5月13日-高性能シーリング・ソリューションとエンジニアリング・コンポーネントの世界的大手メーカーであるグリーンツイードは、ショーン・マクロスキーを最高商業責任者に任命したことを発表します。

マックロスキーは、16年以上にわたるオペレーション、ビジネス、商業の各分野にわたるクロスファンクショナル・リーダーシップを活かし、グリーン・ツイードのCCOとして、グローバル・セールス、セールス・サポート、セールス・オペレーション、マーケティング、市場に裏打ちされた業界戦略、市場拡大チームを統括し、会社の戦略的方向性を推進します。

「ショーンの最高商業責任者就任により、グリーン・ツイードのエグゼクティブ・リーダーシップ・チ ームが正式に完成しました。「戦略的なシェア拡大と卓越した価格設定により、トップラインの売上成長と収益性を実現するため、高業績チームを率いてきたショーンの経歴は、グリーン・ツイードが野心的な成長ビジョンに向かい、より協力的な顧客パートナーシップの文化を構築していく上で、貴重な財産となるでしょう。"

それ以前は、ケムール社のシニア・ビジネス・ディレクターとして、営業、マーケティング、製品管理、カスタマーサービス、需要管理チームを統括し、南北アメリカにおけるサーマル・スペシャライズド・ソリューションズ(TSS)事業全体の戦略と記録的な事業成長を主導しました。

デュポンおよびそのスピンオフ会社であるケムール社に12年以上勤務。在職中の5年間は、デュポンのフッ素樹脂事業でリーダーシップを発揮。ケムール社では、新たな独立事業体としての移行を率先し、経営陣と緊密に協力しながら、全社的なコスト削減イニシアチブとさまざまな事業にわたる戦略的計画立案に取り組んだ。ケムール最大の商業アカウントのグローバルキーアカウントマネージャー、チタニウムテクノロジーおよびTSS事業のリーダーシップなど、いくつかの商業職を経て、現在の職務に就いた。

バージニア工科大学で化学工学の学士号を取得後、セラニーズでプロセス改善エンジニアおよびオペレーションユニットマネージャーとしてキャリアをスタート。また、オハイオ大学でMBAを取得し、シックスシグマとリーン手法にも精通している。 

グリーン・ツィードについて

グリーン・ツィード社は、世界で最も過酷な環境において、高性能な熱可塑性プラスチック、複合材料、シール、設計部品を製造する世界有数のメーカーです。グリーン・ツィード社は、半導体、石油・ガス、航空宇宙、防衛、化 学・製薬など、失敗が許されない産業分野で160年にわたり、 顧客にサービスを提供してきました。グリーン・ツィード製品は、世界中で販売・流通されています。詳しくは、+1.215.256.9521までお電話いただくか、当社ウェブサイトhttp://www.gtweed.com